NX750X後輪タイヤのパンク

久しぶりにバイクに関する投稿です!

わが愛車HONDA NC750X

タイヤ

走行距離も20000kmとなりました
冬の間はあまり乗らなかったのですが、いざバイクでお出かけとバイクに跨ったらなんか変
違和感があり過ぎ!
と言うのも
足が地面に着き過ぎなんです
降りて後輪タイヤを見てみるとペチャンコ
パンクです!
しかしタイヤを見てもパッと見どこがパンクかが分からない
そこで空気を入れてみることに
順調に空気は入り、途中空気が漏れることもなく、タイヤには何事もなく空気がパンパンに入るではありませんか
あれ~
バルブのトラブルで空気が抜けたかなぁ~
見ていてもなんの変化もなし
たしかタイヤ交換は去年の1月に実施、寒い中タイヤを外してタイヤレバーを使いながら苦労して替えた覚えがあるのですが、それから1年以上経っているし

そこでポンプを積んで試乗開始
近場を2~3km走るも「異常なし」なんです
こまった、困った!
空気が抜けた原因が分からないので非常に不安
悪戯であればそれ納得するが、空気が抜けた原因がさっぱりわからない

タイヤ1

後輪をスタンドで持ち上げて地面との接触面を念入りに点検開始…
10分が経過
アッ!
発見しました、釘の頭?を発見!

タイヤ2

ふぅ~
良かった!
というのも・バルブ交換であったり・リムからの空気漏れの場合はタイヤ交換をしなくてはならないと言うことが頭をよぎったからです

後でわかったことですが、石鹸を吹き付ければシャボン玉が出来るのでパンク個所がすぐに分かるらしい
そこでこの個所に霧吹きで石鹸水を吹き付けるも何の変化もなし
ははぁ~
あまりにも空気の抜け量が少ないので見ている間ではシャボンが出来るほど空気が抜けない
これでは長い間、釘が刺さったままでも分からないはずだわぁ~
こういうパンクもあるんだと納得して
今後の対策を考えることに…

カテゴリー: NC750X, タイヤ交換 パーマリンク