NC750Xセルモーター分解清掃

先日ホンダリコール項目の「スタータマグネチックスイッチ」を交換してきたのですが
セルモータの調子がいま一つ
今までの経緯を総合して考えると不具合の原因は残りセルモータしかありません
そこで一番厄介な作業であるセルモーター分解清掃を行うことにしました

まずはカウルの取り外しからです

お決まりの作業ですがカウルを止めているネジを外す作業がパズルのようで一番面倒です

まだ+端子は取り付けたままでセルモーターを引き出した状態

取り外す際にオイルが漏れてしまいましたがセルモータがなくなったあとの空洞写真です
余談ですが、カウルを取り外す際に止めているピンの受け側ナットを落としてしまいましたがこんなとこに落ちてる!

作業に没頭していてすっかり写真を撮っていませんが


セルモータを取り外し分解すると中からは金属粉が砂のような状態で出てきます
この粉がブラシ間に入り込むことがセル不調の原因かな?
あとはスチールたわしで接点清掃のみです
清掃が終了したら逆の手順で戻せば終了

セルモータを取り外す際はコンコンと軽く叩きながらオイルリングの固着を緩め、後は「グリグリとセルモータを揺すりながら外す」これは経験がものを言う作業ですね

参考パーツカタログ

ホンダの標準整備作業時間FRT FreightRateTime?(フラットレート)は0.4ですが
この作業時間はカウル取り外し作業を含む?
カウル取り外し時間を含めると1Hr作業と思います

カテゴリー: NC750X, バイク, 整備, 点検 パーマリンク