ヴィッツのオイル交換&フィルター交換

車のオイル交換をしてみました違う車種では過去に何度かやったことはあるものの最近は近所のショップ(オートバックス)におまかせが多くて

まずは自分の車の情報検索
ヴィッツVitz DBA-SCP90 2SZ-FE  こんなことも知らなかったのでしっかりと記録
オイル容量は
オイルのみ交換時:2.9L
フィルター同時交換時:3.2L
となっています

準備するものとしては①オイル②オイルフィルター③オイルレンチ④14mmレンチ

①のオイルは安かったときに購入しておいた夏冬使えるオイルCASTROL 5W-40オイル交換 (1)

②のオイルフィルターは純正品をネット調達 TOYOTA PartsNo 90915-10003
フィルターは近所のショップでは互換製品のみだったので今回は純正に変えてみました
ネット調達では部品より送料の方が高くなるので次回分も同時に2個購入
(ネットだと互換品と同程度の価格で安心の純正部品が買えます)made in china
オイル交換 (6)
③④はあったものを使用してます

自分でやることのメリットはオイルやエンジンに関する知識が自然に増えることと
ショップでの待ち時間がないこと、またかかる費用も少なくて済みます
デメリットは手間がかかることと注意していても汚れます
作業自体は難しくないのですがジャッキアップしないと車の下にもぐっても作業ができないので仕方なく…
タイヤの前に車止めのスロープが緩い形状の高さ10cmくらいの板を敷き、これに車を乗り上げて車高を稼ぐのが一番、っていうかオイル交換の際のジャッキアップは命にかかわりますのでやめた方が良いと思われます(ここは自己責任ということで…)
レンチをかけるときは最新の注意を払って実施
反則なんでしょうがハンマーで叩きました
こちらの方が車体に力はかかりませんし、車の下に入らないので万が一の場合にも安心です

ドレンプラグM14を外して
オイル交換 (7)

オイルを抜きます
オイル交換 (2)

もぐって下からフィルター部を見た所
フィルターの位置はフロントバンパーから40cmほど、その後ろ30cmにドレンプラグは位置してます、いずれも車軸よりかなり前にあるんです
FFでエンジンが前輪のまえにあるから当たりまえですかね

オイル交換 (4) オイル交換 (5) オイル交換 (3)

 

 

 

これをレンチで緩めて後は簡単に手で回ります
このあと悲劇が!
受け皿にオイルが入らず地面にオイルが垂れ流し、そのオイルがもぐっていた自分の方へ…
手はベトベトのオイルまみれ
ということで以降写真はありません
もぐってフィルター交換する場合にはフィルターから遠く離れ(手を伸ばして)作業することが必須です!
今回はこの記録のためにブログにアップしました

カテゴリー: 未分類 パーマリンク