クレアスクーピーヘッドライト修理

ヘッドライトが付かなくなりました
玉切れと思い交換しようとしてヘッドライトへの供給電圧測定してみると0V

あれ~
ということはHiLo切り替えSWの接触不良を疑うことに

分解するのも面倒なので外側から接点接触復活材KURE CRC 2-26を吹き付けましたがヘッドライトは復活せず

仕方なくHiLo切り替えSW部の分解清掃にて修理完了動作確認OK

SW部のネジを締め付けて修理完了
エンジンをかけて動作チェックで

今度はヘッドライトヒューズ断
ありゃりゃ
再度分解
何でヒューズが飛ぶの?
SW接点などこの部分を詳細に点検してみると


切り替えスイッチの裏面のハーネスへの接続部分の半田が基板ベークライトの外へはみ出しているのを発見!
写真はハミ出た半田をニッパーで削りとったのでベークライトが削られて地が見えています

なるほど、これによりネジを締め付けるとヘッドライトへの供給電圧がハンドル金属部に接触してショートしていました
後から考えるとヘッドライトへの供給電圧部分がアース(筐体)に落ちていないかを最初に確認するべきでした

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です